事業紹介

CTスキャン

産業用CTによる非破壊検査・三次元測定 CT 産業用CTによる非破壊検査・三次元測定 CT
CTスキャンとは

CTスキャンとは

CTスキャンとは

二次元情報であるレントゲン撮影では、
物体を透過する性質を持つX線を被写体に投射し、
被写体の素材や内部構造によって起こる
X線減弱の差をフィルムや半導体素子(検出器)を
使って捉えることで、
被写体内部を観察することが出来ます。
これに対してCTスキャンでは、
360度全ての方向から被写体のX線透過像を取得し、
コンピュータで処理することで三次元情報を
得ることを可能にしています。

JMCのCTスキャンにおける6つの特徴

01肉厚測定

肉厚測定 肉厚測定

製品全体の形状を一度に取得するため、表裏両面のスキャンが必要な肉厚測定においても、短時間で実現することが可能です。
これはウォータージャケットやパイプ形状など、他の手法では検査が難しい場合に効果的です。

02内部欠陥検出

内部欠陥検出 内部欠陥検出

表面に開口していないボイドやクラックでも確認することが可能です。
検出された欠陥は、リスト化したり、サイズごとに色分けして可視化することが出来ます。

03異物検出

異物検出 異物検出

CTスキャンは、物体内部に潜む異物の検出に活用されます。例えば材料内の混入物や鋳物の砂残り、素材内部の介在物など、
異種材料であれば、様々な異物の検出が可能です。

04測定値/実測値

測定値/実測値 測定値/実測値

CTスキャンによって得られた3Dデータを、元のCADデータと照らし合わせることで、設計値と実測値の差異を可視化することが可能です。

05密着確認

密着確認 密着確認

製品組み立て時の接着状態の確認や、鋳造品に異種金属を溶着させる鋳包みの密着度合いの確認にも、CTスキャンが利用されています。
従来の検査手法と比較して、工数を削減することが可能です。

06リバースエンジニアリング

リバースエンジニアリング リバースエンジニアリング

CTスキャンから得られたデータは、寸法の測定や3Dデータの転用に活用されます。
JMCでは、CTで取得したポリゴンデータからCADデータへの変換も請け負っており、リバースエンジニアリングにおけるサポート体制を充実させています。

詳しくはこちらから