HISTORY沿革

会社の進歩を、
「Made in JAPAN」の進化に。

3Dプリンター、鋳造、そしてCTスキャン。私たちの進歩は常に、新しい技術との出会いからはじまります。新たな技術を取り入れ、誰よりも上手く使いこなし、さらに、技術と技術を組み合わせることによって、ものづくりの限界を超えていくことがJMCの歴史です。「Made in JAPAN」のその先を目指して。JMCはこれからも、自らのものづくりを進化させるために、新たな技術、新たな分野へと積極的に挑戦していきます。

1992
横浜市港北区に有限会社ジェイ・エム・シーを設立
1996
横浜市港北区から横浜市港南区に本社を移転
1999

株式会社ジェイ・エム・シーへ商号変更

光造形機を導入し、3Dプリンター出力事業を開始

2004
渡邊大知が代表取締役に就任
2006

試作品の受託範囲の拡大を目的として鋳造事業を行う有限会社エス・ケー・イーと合併

横浜市港南区から横浜市神奈川区に本社を移転

ISO9001 認証取得

砂型鋳造法による鋳造事業を開始

2008
長野県飯田市にコンセプトセンター(鋳造棟)を新設
2011

横浜市神奈川区から横浜市港北区に本社を移転

コンセプトセンターに第2期棟を増設し、木型工程を拡充

機械加工工程を内製化

2012
製品の品質向上を目的として品質保証部門を設置
2013

コンセプトセンターに第3期棟を増設し、熱処理工程を内製化

2014

株式会社 JMC(ジャパンマルチインダストリアルカンパニー) へ商号変更

横浜市都筑区にテクニカルセンターを開設

粉末焼結造形機を導入

2015

神奈川県優良工場表彰

JIS Q 9100 取得

コンセプトセンターに第4期棟を増設し、機械加工と検査業務を拡充

金属製品の非破壊検査による品質保証強化を目的として第3世代産業用CTスキャナを導入

大学及び医療機関向けに心臓カテーテルシミュレーター『HEARTROID(ハートロイド)』を販売開始

2016
東京証券取引所マザーズに株式上場
2017

産業用CTスキャナによる検査・測定を行うCT事業を開始

GEセンシング&インスペクション・テクノロジーズ株式会社と代理店契約を結び、

産業用CT及び関連サービスの販売を開始

高度管理医療機器等販売業・貸与業の許可取得

2018

株式会社ミマキエンジニアリングと代理店契約を結び、フルカラー3Dプリンターの販売を開始

コンセプトセンターに第5期棟を増設し、鋳造工程を強化

低圧鋳造を開始

医療機器製造業の登録

医療機器製造販売業の許可取得

2019

コンセプトセンターに第6期棟を増設し、鋳造用砂型3Dプリンターを導入

2020

静岡県浜松市にミーリングセンターを開設

お電話によるお問い合わせはこちら

045-477-5757