会社情報

ブランド

JMC BRAND

日本の
ものづくりを、
次のレベルへ。

既存の常識に囚われることなく、ものづくりの新しい在り方を模索していくJMC。その挑戦のひとつが、ブランディング視点を取り入れた会社経営です。かつて、「きつい、汚い、危険」の「3K」と言われる時代もあった製造業のイメージを変えることで、これまでリーチできなかった業界やマーケット、優秀な人材とつながりを築き、ものづくりの進化を加速させていきます。また、私たちの取り組みから生まれたデザインやツールをオープンソース化し、製造業全体のイメージアップや価値向上にも貢献します。

PHILOSOPHY

経営理念

MADE BY JMC

「made in JAPAN」というブランドが世界に浸透したのは、いつからだろうか。そのクオリティとサービスの高さが理解されるまで、どれほどの努力、どれほどの苦労、どれほどの挑戦がなされてきたのだろうか。彼らと同じ情熱、彼らを超える発想がなければ、次の時代に勝ち残ることはできない。さあ、今こそ先人達が切り拓いてきた道を越えて、ものづくりの新たな地平を目指そう。私たちだけのやり方で。

VISION

ものづくりに
知性を。

既存のものづくりの枠組みに縛られない。あらゆる工法、あらゆる素材を組み合わせ、もっと自由に、もっと大胆に、新しいものを生み出していく。道導となるのは、目的を正しく見極め、課題を的確に抽出し、最先端のものづくりをしていくための知性だ。つくりたいもの、やりたいこと、そのすべてを実現できる最強のサプライヤーへ。

BRAND COLOR

無彩色という
個性。

JMCでは、「白、黒、グレー」という無彩色をブランドカラーとして設定しています。一見、無個性に感じられるこの色使いは、逆に言えば、どのようなカラーにも染まっていけるということ。その多様性を受け入れられる幅こそが、私たちの個性です。

  • White
    CMYK:C0 M0 Y0 K0
    RGB:R255 G255 B255
  • Black
    CMYK:C0 M0 Y0 K100
    RGB:R0 G0 B0
  • Gray
    特色:DIC-615
    CMYK:C46 M22 Y25 K0
    RGB:R142 G163 B173

WORK WEAR

誇りを、
身に纏う。

作業着で出社して、作業着で帰る。そんなシークエンスが恥ずかしくない、むしろ、誇りに思えるようなデザインの制服をつくりたいとJMCは考えました。デザイン性を追求しながら、ポケットの中に長尺を止めるためのマグネットを仕込むなど、ものづくりの現場で働くための機能性も重視。バレエのステージ衣装という究極の機能服を手掛けるチャコット株式会社と連携し、完全オリジナルパターンの制服を実現しました。

JMC