Q & A

鋳造

01最終製品としての利用は可能ですか。
A01可能です。弊社では製品表面からの腐食防止のためのアルマイト処理や、製品のひずみ解消・強度向上のための熱処理を施すことが可能です。実際に耐久性試験のための試作品や、少量量産などに利用されています。
023Dデータがありませんが製作は可能ですか。
A02可能です。2D図面から三次元モデルをコンピュータ上でおこして、製品を製作することが出来ます。ただし、製作費用とは別途でモデリングに対しての費用が発生します。
03規格に載っていない熱処理はできますか。
A03処理条件を指示して頂ければ検討いたしますので、詳細はお問合せ下さい。
04鋳巣を無くすことはできないのですか。
A04現状では100%無くすことはできません。ただし部位によってはより少なくすることが可能になる場合や、HIP処理などの高圧熱処理を施すことによりさらなる鋳巣の削減を望むことができます。また、製品をCTスキャンで検査し確認する事が出来ます。
05鋳造品の公差はどの程度になりますか。
A05250mm~400mmの全長で±0.5mm程度です。鋳造品公差CT7を自社内の目安としています。
06砂型鋳造は外観部品にも適用できますか。
A06適用可能です。塗装、アルマイト、バフ仕上にも対応しており、オフィスチェアの展示モデルとしての利用実績も有しており、展示会用のモックアップなどにも適しています。
07薄肉製品でも実現可能ですか。
A07アルミニウム合金で2.0mm、マグネシウム合金で2.5mmまで対応可能です。ただし部位によっては肉厚1mmでも実現可能な場合や、反対に肉厚2mmでも広範囲に及んで薄肉となっていると対応出来ない場合がありますのでご相談下さい。
08砂型鋳造でダイカスト材(量産材料)ADC12等は製作できますか。
A08製作可能です。製作工法が異なるため機械的性質に差が出ます。 ※条件等で異なりますので詳しくはお問い合せください。
09どの程度の製品サイズまで製作可能ですか。
A09自社内では、サイズでは約1000mm×1000mm×1000mmもしくは重量では約100kgまでの製品が製作可能です。ただし大型製品を扱うメーカーとの協力体制を築いておりますので、お客様のご要望に応じてこれよりも大きい製品についても対応可能です。 アルミ→80〜100㎏,マグネシウム→40〜50㎏まで。 ※形状によって異なりますので詳しくはお問い合せください。
10納期の目安を教えて下さい。
A10400mm×300mm×300mmサイズの製品で数十個の数量であれば素材の納品まで3~4週間程度が目安となります。この納期は製品の大きさや形状、数量によって変動します。 ※あくまでも目安となりますので詳しくはお問い合せください。

医療モデル作製

01人体に関するデータの取り扱いはどのようになっていますか。
A01CT・MRIで撮影されたデータは個人情報となるため、事前にお客さまと秘密保持契約を結んでからデータを取扱います。また患者さまの名前が伏せられた状態で、医療データを保存する事も可能ですので、ご不安に感じられる方は名前を伏せた状態のデータをJMCにお渡し下さい。お渡し頂いた医療データについては、案件が終了した際にお客さまに返却いたします。
02拍動する心臓のような動くモデルの製作は可能ですか。
A02プログラムに従って駆動する機械などを搭載する事で、動きをつけたモデルの製作が可能です。動き方はプログラムされた機械的なものとなるため、動きの幅や方向についてはお客さまのご用途に応じて決定して頂きます。製作実績としては、腹部が隆起する動きを持つモデルなどがあります。その他の特殊なモデルについては、個別にご相談下さい。
03何を用意すれば作製を依頼できますか。
A03まずは、製作したいモデルの仕様を決めて下さい。仕様とは、どの部位が欲しいか、どのような素材で作りたいか、いくつ欲しいのか、いつまでに欲しいのか、などの事です。これらの情報を元に、モデルの作製についてのお話を進めさせて頂きます。またCT・MRIで撮影された画像データをお持ちの場合には、お見積りの際にあわせて拝見させて頂きます。
04どのような素材で医療用実体モデルを製作する事ができますか。
A04硬いモデルは、エポキシ樹脂や石膏粉末、ナイロン粉末などで製作する事が可能です。柔らかいモデルは、シリコーンやウレタン、特殊ゲル、PVAなど、さまざまな材料を使用して製作することが可能です。また柔らかい素材の中には、硬さを変えることが可能なものがあり、お客さまのご希望に合わせて調整を行うことが出来ます。ぜひ、個別にご相談下さい。
05医療用実体モデルはどれくらいの期間で製作できますか。
A053Dプリンターで製作する骨モデルであればJMCに医療用データが到着してから、最短で3日でお届けします。臓器モデルの場合は、硬いモデルで約2週間、柔らかいモデルだと約3週間が納品目安となります。 ただし、全てのモデルにおいて仕様・データ承認を頂いてからの製作となりますので、納期はあくまでも目安となります。
06医療用実体モデルはどれくらいの価格で製作できますか。
A06医療用・3Dプリンターで使用できるデータ(DICOM形式やSTL形式)をお持ちかどうか、どこの部位を製作するか、どの素材で製作するか、によって費用が大きく変わります。基本的な金額の構成としては、データの編集費用+モデルの製作費用となります。 例として3Dプリンター(光造形方式)でヒト頭蓋骨を製作する場合には、金額目安は下顎のみで6~9万円となります。上顎(眼窩下縁まで)から下顎までだと10~13万円、頭頂部から下顎までだと16~20万円となります。 ※あくまでも目安の金額になるため、詳細はお問い合わせください。
07医療用実体モデルはどのようなところで使用されていますか。
A07医療機器メーカーや病院、大学の医学・工学系の研究室などで使用されています。医療機器メーカーにおいては、研究所などで医療機器の機能評価としての利用や、マーケティングや営業用ツール、また医療機器の練習用モデルとして社内勉強会や展示会などで利用されています。 病院においては、患者さまの骨や臓器と同じ形状の医療用実体モデルを製作し、術前シミュレーションや説明などに使用されています。大学においては、手技トレーニングや工学実験などに使用されています。
08医療モデル作製はどのようなサービスですか。
A08オーダーメイドで人体や動物の内臓・骨・表皮などの一部の形状を再現した模型(医療用実体モデル)を製作するサービスです。まずCT・MRIで実際に撮影した医療用画像データをものづくり用の3Dデータに変換し、そのデータを使用して3Dプリンターで医療用実体モデルを製作します。データがお手元にない方は、JMCが所有するデータを利用してモデルを製作する事も可能です。

3Dプリンター出力

013Dプリンターについて詳しく知りたいのですが。
A013Dプリンター出力専門サイトをご覧ください。
023Dプリンターを販売して頂けますかでしょうか。
A02弊社は、3Dプリンターを使って製品をつくり提供する「サービスビューロー」です。ただし、装置販売を行っている機械メーカーをご紹介することは可能ですので、詳細はお問い合わせください。
03最終製品としての利用は可能ですか。
A03展示品や機能・形状確認用の試作品など、用途を限定した場合に限り可能です。3Dプリンターで出力した製品は物性上破損し易く、強度が必要な製品としての利用は出来ません。またそのような使用で起きた損害に関しては、弊社では補償致しません。
043Dデータがありませんが製作は可能ですか。
A04可能です。図面やラフスケッチから三次元データをコンピュータ上でおこして、製品を製作することが出来ます。ただし、製作費用とは別にモデリングやデザインの費用が発生します。
05どの程度の製品サイズまで製作可能ですか。
A05基本的に使用する機器のワークサイズに準じますが、光造形だと800 mm× 600 mm× 400 mmまでとなります。これより大型の製品については、いくつかのパーツに製品を分割し製造するなどして対応させて頂きます。
06納期目安を教えてください。
A06納期は製品の大きさ、形状、材質、稼働状況などによって大きく変動します。最短では2営業日以内のお届け、最長では2週間程度かかる場合がございます。まずは一度ご相談下さい。
07資料を頂くことは可能でしょうか。
A07可能です。会社案内、各サービス案内についてご用意があります。資料請求フォームから所定の欄に必要な情報をご記入頂き、ご請求をお願い致します。
08サンプルを頂くことは可能でしょうか。
A083Dプリンター出力については、板状の素材サンプルをご用意しております。また、法人様1部署1回に限りまして、お持ちの3Dデータを指定サイズ内の大きさであれば無料で造形を致します。
09海外への発送をして頂く事は可能でしょうか。
A09可能です。国際スピード郵便(EMS)、もしくはフェデックス(FedEx)での発送となります。発送に掛かる送料については、お客様のご負担でお願いしております。ご了承下さい。
103Dデータがありませんが見積りは可能ですか。
A103Dデータや図面がない場合でも、形状のわかるイラストなどがあれば概算見積が可能です。また図面からのデータ作成なども受付けておりますのでお気軽にご相談下さい。
11見積時間の目安を教えてください。
A113Dプリンター出力の見積に関しては、平日の営業時間内でしたら1時間以内にお応えしております(部品点数が多い場合、大型品や特殊な工法をもちいる場合を除く)。鋳造事業の見積りに関しては、製品の大きさや形状、現場状況などに大きく左右されるため、詳しくはお問合せ下さい。