超短納期3Dプリント出力サービス 3Dプリンター・光造形

3Dプリンターとは
材料を一層ずつ積み上げてモデルを製作する装置のことです。製品開発のプロセスにおいて試作品の製造を短期間で行うためによく利用されます。特に、切削加工では製作が困難な、複雑局面や中空構造を持つモデルの製作に用いられます。JMCでは光造形方式、粉末焼結方式、粉末固着方式、インクジェット方式を備えております。

JMCの3Dプリンター出力における6つの特徴

1. 知識と経験
すべての3Dプリンターは積層技術を基本としています。同じ積層技術を用いていても、使用する材料は大きく異なり、固め方や積み方にもさまざまな方法があります。工法の理解から3Dデータの処理まで蓄積された知識と経験に基いて、お客さまのニーズに合わせたモデルを製作いたします。
2. 年中無休の稼働体制
急ぎでのモデル製作に対応できるように工場の稼働を止めない環境を用意しています。平日の営業時間については3Dプリンター出力に関するお見積りは、原則1時間以内に回答します。また、年中無休の稼働体制を敷くことで迅速な製造を行い、お客さまの元へ早くお届け出来るよう取り組んでいます。
3. きめ細やかなサービス
JMCはものづくりを始めて以来お客さまの満足度を追求してきました。納期の短縮や製品品質の向上はもちろんのこと、お客さまとの会話や納品時の梱包といった日々のやり取りにもご満足頂けるよう努力しております。
4. 3Dプリンターと医療分野
JMCの3Dプリンター出力は医療の世界にも利用されています。医療機関で撮影されたCTやMRIデータから製作された患者さまの骨や臓器のモデルは、医師のシミュレーションや手術の模擬練習などに使われています。技術が日々進歩していく医療分野においても、3Dプリンターのノウハウを活かして、必要とされる製品を提供できるよう取り組んでいます。
5. 工法・材料の検証
エポキシ系樹脂やナイロン粉末、アクリル系樹脂、石膏粉末、ABS樹脂、PLA樹脂など、3Dプリンターで用いられる材料は都度変化しています。JMCは工法・材料ごとの適性を常に検証し、お客さまのニーズに対応できる体制を整えています。
6. 後加工への対応
塗装や真空注型、アルミ真空蒸着、ネジ加工などモデル作製後の加工も承っております。ご希望のモデルにどの方式の3Dプリンターや後加工が適しているのか、ご不明な場合はぜひ一度ご相談ください。

導入事例

  • 3dp_free
3Dプリンター出力専門サイト

お電話でのお問い合わせ

045-477-5757

メールフォームからのお問い合わせ

メールフォームからいただいたお問い合わせは、原則として翌営業日までにご回答致します。

お急ぎのご用件、または翌営業日までにご回答がない場合は、お手数ですが045-477-5757までお電話ください。

※お問い合わせの内容によっては数日かかる場合もございます。予めご了承ください。